人間ドック・治験推進委員会

治験に参加することの社会的意義とは

新薬の開発に日々努力する製薬会社

日本では高齢化社会が進行してきています。 その結果として、様々な病気にかかりやすくなる人が増えていく傾向が出ています。

しかし、病気の中では今の薬では効き目がなかったり、強い副作用が起こる場合が起こっています。
そこで、製薬メーカーでは新薬開発によって、これまでは治せなかった病気に対応したり、副作用の少ない薬を生み出す努力が行われています。

しかし、製薬メーカーが新薬の発売までの過程では、長い手続きを踏む必要が出ています。
新薬開発ができても、その安全性が十分に確保できていなければ、今の制度では薬の販売ができないようになっています。

安全性を確かめるために

新薬においては、まずマウスなどの動物による臨床試験をによって安全性を確かめることになります。
その後、新薬の副作用などがないことが確認できた際には、最後に人間への治験を行うことになってきます。
この治験を通過すると新薬は発売されることが許可されて、多くの人に投与されることになります。
その結果して、今まで治らなかった病気が治るようになり、場合によっては人々の命が助かる事 もあります。

したがって、新薬の治験に参加することの社会的意義は重くなっています。

薬を必要としている誰かのために

治験では実際に新薬を服用して、様々な検査を行うことで副作用がないかどうかを調べることになります
新薬開発では治験までくるまでに、多くの実験や検証を繰り返している状況があります。
そのため、新薬の治験が行われる頃には、かなり安全性の高い段階まで進んでいることになります。
そして、最後の段階で治験を行うことによって、実際に新薬の発売にこぎつけることが可能となってきます。

新薬の治験は各大学病院などで実施されており、数日を掛けて治験が行われることがあります。
その間、治験者は病院で寝泊まりをすることになってきます。 そのため、治験のアルバイトは報酬の高い仕事として有名です。
しかし、治験によって薬の販売ができるようになることを考えると、治験を受ける意義は報酬以上に大きいと言えます。

↑ PAGE TOP