人間ドック・治験推進委員会

人間ドックでどんな病気を発見できるのか?

病気の2次予防に有効な手段

予防医学の世界では、一次予防、二次予防、三次予防という言い回しが用いられることがあります。

一次予防というのは、生活習慣や環境を改善するなどして、疾病そのものを予防してしまおうという試みのことをいいます。

これに対して、二次予防というのは、発生した疾病を早期に発見し、治療をすることで、重症になってしまうのを防ごうという試みのことをいいます。

最後の三次予防というのは、疾病になってしまった後の治療段階において、リハビリテーションや保健指導を行うなどして、その疾病が再発するのを防止しようという試みのことをいいます。

このように、疾病というのはさまざまな段階での予防措置が大切となってくるわけですが、なかでも二次予防の手段として有効なのが、人間ドックや健康診断といったものになります。

検査内容とそれにより発見される病気

人間ドックの場合には、本人の選択によって、さまざまな部位の検査ができるため、一概にはいえない部分がありますが、多くの病院などの医療機関で基本として行われているメニューとしては、生活習慣病やがんといった、日本人の死亡原因の上位を占める疾病の発見を主体とするものが挙げられます。

検査の内容ですが、身長、体重、肥満度の測定といった、一般診査からはじまり、尿検査や血液検査、血圧測定や心電図測定、胸部エックス線検査、腹部超音波検査、内視鏡検査などといったものになります。

このような人間ドックによって、具体的にどのような疾病を発見できるのかですが、例えば、胃がん、肺がん、大腸がん、肝がんなどといった各種のがん、心臓病、心筋梗塞、狭心症、不整脈などの心疾患、その他に生活習慣が大きくかかわる高血圧症、高脂血症、糖尿病などといったものとなります。

また、特定の部位を精密に調べるような人間ドックのメニューもあり、たとえば脳ドックの場合であれば、さらに脳腫瘍、脳梗塞、脳卒中などといった、脳にかかわる疾患についても早期発見が可能です。

↑ PAGE TOP